【終了】福岡で解く!ニッポンの「夫婦の性」のジレンマ2016
 『嗚呼、すれ違うオンナとオトコ』

  2016年4月24日(日)
 
 14時00分〜17時00分

●会場:福岡県NPO・ボランティアセンター 会議室

 〒812-0046 福岡市博多区吉塚本町13番50号
 福岡県吉塚合同庁舎 5F ⇒会場地図

●定員・・・40名 

●参加費 一般 1,000円 学生・障がい当事者 500円



 イベント内容

 
「産後ケア」「オトナの性教育」「新しい性の公共」「男子の性」といった
 セクシュアリティ分野の最前線で活躍する二人の論客=
 
マドレボニータ福岡の藤見里紗(結婚12年目・2児の母)と、
 
ホワイトハンズ代表の坂爪真吾(結婚6年目・2児の父)が、今年も
 結婚後の夫婦の性問題を、福岡でしか話せないオフレコトーク満載で語り尽くす!


 今回のお題は、『嗚呼、すれ違うオンナとオトコ』。

 アヴァンティ2月号でも特集された同名の記事を土台にして、
 男女の性の違いと、お互いの心と身体がすれ違ってしまう理由を探ります。

 オンナとオトコの間に横たわる深くて暗い川に橋を架けるための方法を、
 ゲスト二人の対談と参加者同士のグループディスカッションを通して考えます。


 ゲスト紹介


 
藤見里紗(ふじみ・りさ)さん

 
“日本一性教育が盛んな高校”の元体育教諭。“人間と性”教育研究協議会元幹事。
 九州初の「NPO法人マドレボニータ」認定・産後セルフケアインストラクターとして、
 産後カップルのセックスレス問題にも詳しい。
 「大人の性教育講座」「子どものへの性の伝え方講座」などのテーマで
 福岡県内の小学校等でも講演活動を行い、大人や親が性を大切にできる知識を啓蒙。


 ・ツイッター @risafujimi  ・ブログ マドレボニータ@福岡

 
★福岡の働く女性を応援する情報誌『avanti』
  2015年2月号&2016年2月号で登場


 


●対談相手:一般社団法人ホワイトハンズ代表理事 坂爪真吾
 
プロフィールはこちら

 
昨年のイベント開催風景は、こちらをご覧ください。


 当日の開催風景


◆13時45分 開場
◆14時00分 開始

<第1部:藤見×坂爪バランスボール対談> 14時00分〜14時30分(30分)

 「@ 男女がすれ違う理由」と「Aすれ違いへの対応策」について、
  二人の論客がバランスボールに乗りながら徹底対談!

 ・藤見 ⇒産前産後の女性の身体の変化、性教育の観点から
 ・坂爪 ⇒ホワイトハンズの活動で得たエピソードを交えて

<第2部:産前産後のすれ違い> 14時30分〜15時20分(50分)

 【論点@】産前産後の夫婦には、どのようなすれ違いが起こりやすいのか?
 【論点A】身体のすれ違い(セックスレスや妻だけED)は、どうすれば解消できるのか?
 【論点B】心のすれ違い(コミュニケーション不全)は、どうすれば解消できるのか?

 上記の論点を、差支えの無い範囲で各自の実体験を踏まえながら、
 各グループでディスカッションして頂きます(25分)

 ⇒終了後、各グループの意見発表+藤見&坂爪によるコメント(25分)

*議論のキーワード
 産後クライシス、産後ケア、妻だけED(妻とのセックスを回避・拒否)、
 男性のプライド、出産も育児も「他人事」としかとらえられない男性の問題、
 性生活の再開時期・再開のコツなど

<第3部:愛情のすれ違い> 15時30分〜16時20分(50分)

 【論点@】究極のすれ違い=浮気や不倫はなぜ起こるのか?
 【論点A】パートナーの浮気や不倫は、どうすれば予防できるのか?
 【論点B】もしパートナー、あるいは自分がしてしまったらどうする?

*議論のキーワード
 昼顔妻、夫が性風俗を利用することの是非、浮気と不倫の境界線、
 どこまでが許せる範囲でどこからが許せないか、
 浮気を防ぐための夫婦間コミュニケーションのコツなど

 上記の論点を、差支えの無い範囲で各自の実体験を踏まえながら、
 各グループでディスカッションして頂きます(25分)

 ⇒終了後、各グループの意見発表+藤見&坂爪によるコメント(25分)

◆16時30分 終了〜解散



当日の開催風景・参加者の感想は、下記の藤見さんのブログをご覧ください。

【ニッポンの夫婦の性のジレンマ2016、開催しました!】

ご参加くださった皆様、ありがとうございました!

来年、また福岡でお会いできるのを楽しみにしております。




 Copyright 2015-2016 (C) 一般社団法人ホワイトハンズ All right reserved.