<セックスワーク・サミット2017秋@渋谷>

  
社会的養護と性風俗 ~アフターケア・特別養子縁組・少年司法の現場から考える~




●開催日時 
2017年9月17日(日) 10時30分~17時00分

●会場・・・国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 403

(〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1)  ⇒ 会場までの地図はこちら

●ゲスト:

 高橋亜美さん(アフターケア相談所「ゆずりは」所長)
 藤田順子さん(認定NPO法人フローレンス 赤ちゃん縁組事業部)
 安井飛鳥さん(弁護士・社会福祉士・精神保健福祉士、風テラスメンバー)

●司会・主宰・・・赤谷まりえ(編集ライター)、坂爪真吾(一般社団法人ホワイトハンズ代表理事)


●参加費・・・5,000円 ●定員・・・80


 今回のサミットの開催趣旨


 ★テーマ1:社会的養護の現状と、性風俗の世界との関係を可視化する

 ★テーマ2:見えにくく、支援が届きづらい社会的養護と性風俗の問題を適切に理解・解決していくために、
       私たちがやるべきことは何かを考える



 近年、メディアで特別養子縁組や児童養護施設などの「社会的養護」の領域に焦点が当てられる機会が増えています。

 社会的養護とは、保護者のない子どもや虐待等の理由で家庭で生活できない子どもを、保護者に代わって社会が養育・保護する仕組みのことです。社会的養護は、「子どもの最善の利益のために」及び「社会全体で子どもを育む」という理念の下に行われています。


 家族というセーフティネットから弾かれた結果、児童養護施設や里親家庭などの社会的養護のもとで生活する子どもたちには、手厚いケアが必要です。しかし現実は、制度の不備や公共・民間双方の社会資源の不足、そして社会の無理解(18歳成人論・自己責任論)などもあって、子どもたちが十分な社会的支援を受けられない状況に置かれ続けています。

 親による虐待や呪縛の影響で心身共に不安定な状態のまま、そして社会に順応できるだけのスキルや生活態度を身につける機会の無いまま、中学を卒業した時点、高校を中退した時点で施設からの自立を余儀なくされ、社会に出て働くことを選ばざるを得ない子どももいます。

 保護者もいなければ学歴もない十代の未成年者にとって、安定した住まいや仕事を確保することはきわめて困難です。性風俗やJKビジネスの世界は、そうした若者に短時間勤務で高時給を稼げる仕事、そして即日入居可能なマンション寮などの生活インフラを提供する機能、そして居場所を含めた情緒的安定を与える役割を果たしてきました。良くも悪くも性風俗の世界が、社会的養護の制度上の欠陥を埋める機能、未成年者の受け皿の役割を果たしてきたと言えます。

 保護者からの虐待やネグレクトの結果、家庭・学校・地域から排除され、十分な社会的支援を受けられない状況=社会的ネグレクトの状態に追い込まれている未成年者が、「いかがわしいもの」「あってはならないもの」として業界全体が社会的ネグレクトの対象になっている性風俗やJKビジネスの世界に流入する、という「二重の社会的ネグレクト」があります。

 今回のサミットでは、社会的養護の現状、及び性風俗との関係を可視化した上で、この「二重の社会的ネグレクト」を適切に理解・解決していくために、社会福祉に携わる専門職や支援者、風俗業界関係者、そして私たち一人ひとりがやるべきことは何かを考えていきます。


 ゲストのプロフィール

 高橋亜美(たかはし・あみ) さん

 

 
1973年生まれ。日本社会事業大学社会福祉学部卒。自立援助ホームのスタッフを経て、
 2011年よりアフターケア相談所「ゆずりは」の所長に就任。

 著書に『愛されなかった私たちが愛を知るまで―傷ついた子ども時代を乗り越え生きる若者たち』(かもがわ出版 2013年)
 『子どもの未来をあきらめない 施設で育った子どもの自立支援』(明石書店 2015年)

 アフターケア相談所「ゆずりは」 URL:http://www.acyuzuriha.com/


  


 藤田順子(ふじた・じゅんこ)さん 認定NPO法人フローレンス 赤ちゃん縁組事業部

 

 
2010年より認定NPO法人フローレンスに参画。2016年より妊娠相談と特別養子縁組による
 支援活動を行う「赤ちゃん縁組事業」の立ち上げに携わる。

 認定NPO法人フローレンスは子ども・子育てに関する社会問題を解決を目指し
 「訪問型病児保育」「障害児保育」「小規模保育」など、常識や固定概念にとらわれず
 新たな価値を生み出すことに挑戦する。

 2016年4月より、2週間に1人生まれたばかりの赤ちゃんが虐待死している問題の解決策として、
 「赤ちゃん縁組」(妊娠期に課題を抱える妊婦の相談を受け、出産と同時に、子どもを望む育ての親に託す
 「特別養子縁組」を支援する取り組み)をスタート。

 事業によって目の前の赤ちゃんを助けながら、政策提言による制度づくりを行っていき、
 10年以内に赤ちゃんの虐待死をゼロにするのが目標。

 URL:http://engumi.florence.or.jp


 
★特別養子縁組について知るための推薦書籍

 


 安井飛鳥(やすい・あすか)さん

 

 
弁護士・社会福祉士・精神保健福祉士。風テラスメンバー。

 司法・福祉双方の知見を活かして非行少年や不登校、児童虐待、家族問題等に関する案件を専門に扱う。
 現在は児童相談所の非常勤嘱託弁護士としても勤務。

 社会的養護出身者や少年院出院者の個別相談の他、学童保育、子ども食堂、子どもシェルターといった
 地域の子育て・子どもの居場所づくり活動にも携わっている。

 法律事務所くらふと 所長
 特定非営利活動法人子どもセンター帆希 理事
 日本エンターテイナーライツ協会 共同代表理事
 元学童保育指導員(2004年-2010年)
 風テラス相談員(2016年-)

 Twitter:@kiwi250r



 当日のタイムスケジュール予定

 10時00分 開場
 10時30分 諸注意~開始

 10時35分~10時45分(10分)【基調講演】坂爪真吾(一般社団法人ホワイトハンズ)

 10時45分~11時25分(40分)【講演①】アフターケアの現場から 高橋亜美さん


<社会的養護の現状と課題>

・子どもたちは、なぜ自立を「余儀なくされる」のか?(制度上の問題)
・生き延びるための「あたりまえ」を持たない子どもたちの現状
 ⇒子どもたちが「抱えさせられた困難」の内容
・社会的養護の枠組みからこぼれ落ちてしまう子ども達と性風俗の関係
 ⇒住所・身元保証人・緊急連絡先が無くても働ける職場としての性風俗
  「昼の包摂(社会福祉)」が「夜の包摂(性風俗)」に勝てない理由

<課題解決のための試み>

・アフターケア支援とは何か(主な相談対象者、男女比率、支援の理念と方向性など)
・スキルアップ就労支援・居場所支援・高卒認定資格試験の学習支援等の内容と特徴
 ⇒生きづらさを減らし、自己肯定感を高めるために必要な支援とは?
・子どもたちが安心して『助けて』と言えるためには、問題が深刻化する前に早い段階で
 SOSの声をあげてもらうためには、何が必要なのか
・子どもたちとつながる・関係性を作る上で、支援者側に求められるスキルとは?
 (支援とプライベートの分離、距離の取り方、臨機応変さと柔軟さなど)
・性風俗で働かざるを得ない退所者を減らすために必要な制度の在り方とは


 11時25分~11時45分(20分)質疑応答

 11時45分~12時45分(60分)昼食休憩

 12時45分~13時25分(40分)【講演②】特別養子縁組の現場から 

 認定NPO法人フローレンス赤ちゃん縁組事業部 藤田順子さん

 
<社会的養護の現状と課題>

・赤ちゃんの遺棄・虐待死の現状
・「望まない妊娠」「特定妊婦」の背景(貧困、虐待、DVや性的暴行、性風俗との関係)

<課題解決のための試み>

・特別養子縁組とは何か
・「生みの親」にはどのような支援・カウンセリングをしているのか?
・「育ての親」になるには、どのような審査・研修が必要なのか
・養子で迎えられた子ども達は「かわいそうな存在」?(養子縁組家庭と自己肯定感)
・委託される子ども、生みの親、育ての親全員が幸せになれる仕組みとは?
・制度への働きかけ(日本こども縁組協会、特別養子縁組あっせん法の成立)


 13時25分~13時45分(20分)質疑応答

 休憩(15分間)

 14時00分~14時40分(40分)【講演③】児童福祉と少年司法の現場から 安井飛鳥さん

 
<社会的養護の現状と課題〉

・児童相談所や家庭裁判所実務における性風俗の扱い
・少年非行と性風俗の類似点
・子ども達にはなぜ『居場所』がないのか?

<課題解決のための試み>

・「可哀想な子ども」「頑張る子ども」のための支援の危うさ
・徹底した当事者理解と関係性構築を目指した実践
・風テラスの実践から考える課題解決のためのヒント
・JKリフレで働く女性たちへの支援のあり方とは
・誰もが排除されない『社会的養護』を実現するためには


 14時40分~15時00分(20分)質疑応答

 休憩(10分間)

 15時15分~16時00分(40分)【ゲスト三人のトークセッション】

 16時00分~16時20分(20分) 質疑応答~終了

 16時30分~17時00分(30分) そのまま会場にて交流タイム~撤収
 17時00分~18時30分(90分) 会場内のカフェテリアで懇親会



 参加条件・料金・定員

 
「社会的養護と性風俗」というテーマにご興味のある方であれば、どなたでも参加可能です。

 性風俗の世界の問題に関心のある方を含め、学生・教員、児童福祉関係者の方々のご参加をお待ちしております。

●定員・・・80名(定員に達し次第、申込受付を締め切ります)

●参加申し込み締め切り・・・2017年9月16日(土)17時


●参加費(いずれも資料代・税込)

A:通常参加・・・5,000円

B:「くらしのモヤモヤ解消ハンドブック」同時購入・・・5,600円

 ⇒風テラスの相談事例をまとめた「くらしのモヤモヤ解消ハンドブック」を、当日会場受付にてお渡しいたします。

C:セックスワークジャーナル・ジャパン Vol.004」同時購入・・・6,000円

 ⇒最新刊「セックスワークジャーナル・ジャパンVol.004を、事前郵送いたします。

D:ジャーナル全巻同時購入・・・9,000円

 ⇒「Vol.002~004」の合計3冊を、事前郵送いたします。

E:デリヘル六法2017同時購入・・・12,000円

 ⇒「デリヘル六法2017」を事前郵送いたします。

F:ハンドブック+デリヘル六法2017+ジャーナル全巻同時購入・・・18,500円

G:ホワイトハンズ会員・・・無料(⇒入会の案内はこちら

H:新しい「性の公共」をつくるゼミ ゼミ会員&サポーター会員・・・無料(⇒ゼミの案内はこちら


<諸注意>

・会場内での録音・撮影は禁止です。

・メディアの取材及び開催報告作成のために、開催風景を撮影させて頂く場合がございます。

・取材希望のメディア関係者の方は、事務局メールアドレスまでご連絡ください。



 参加申込フォーム

 
参加希望の方は、下記のフォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。

 自動返信メールにて、参加料金の振込先口座情報のご案内をお送りいたします。

 参加料金のお振込を確認後、事務局より、参加申込受理の連絡メールをお送りいたします。


【重要】送受信エラーを防ぐため、携帯メールからのお申込みはご遠慮ください。
 やむをえず携帯メールを使用される場合は、「whitehands.jp」ドメインからのメールを受信できるように、
 「お申込みの前」に、必ず受信設定を変更してくださいますよう、お願いいたします。



セックスワーク・サミット2017秋@渋谷「社会的養護と性風俗」


お名前(申込代表者)  *
ふりがな  *
ご年齢  *
 歳
ご職業(学校)  *
メールアドレス  *
 *半角英数
メールアドレス再確認  *
 *半角英数
連絡先電話番号  *
郵便番号  *
都道府県  *
市区町村  *
番地名、マンション・アパート名  *
領収書  *
不要 必要
参加人数  *
 名
参加形式  *

通常参加(5000円)

ハンドブック同時購入(5600円)

ジャーナル004同時購入(6000円)

ジャーナル全巻同時購入(9000円)

デリヘル六法同時購入(12000円)

デリヘル六法+ジャーナル全巻同時購入(18500円)

ホワイトハンズ会員(無料)

新しい「性の公共」をつくるゼミ受講生(無料)


参加動機・連絡事項、
ゲストにお聞きしたい質問
(任意)



 万が一フォームが機能しない場合、及び、送信後24時間以内に確認メールが届かない場合、
 誠にお手数ですが、事務局メールアドレスまでご連絡ください。


 ⇒セックスワーク・サミット TOPに戻る

 Copyright 2008-2017 (C) 一般社団法人ホワイトハンズ  All right reserved.