ホワイトハンズ大学   


 がん患者の「性に関する尊厳と自立」を守るための理論と技法

序章:がん治療中・治療後に性生活を楽しむための基本原則

 0−1 がん治療中・治療後にセックスを楽しむための、「基本原則」の紹介


第1章:図解「患者向けセックス体位(=性交体位)解説」

 ⇒ 脳卒中による片麻痺の要介護者のための性生活情報 の第2章をご覧ください。

第2章:がん治療が性的欲求や性生活に及ぼす影響と、その対処法


 2−1 がん治療中・治療後にセックスを行う際の、基本的な注意点

    −1 人工肛門・人工膀胱を使用している際のセックス

    −2 喉頭がんによる喉頭摘出術後のセックス

    −3 「顔面のがん」(顎、口蓋、舌)治療後のセックス

    −4 がん治療による外見の変化を克服する「鏡のエクササイズ」の紹介

    −5 四肢の切断(義肢装着後)後のセックス

    −6 肺がん後に在宅酸素療法を行っている場合のセックス


 2−2 【男性編】「がん治療&手術によって起こる、男性の性的障害」一覧表

    −1 がんによる勃起障害(=ED)を解決するためには

    −2 勃起機能が回復するケース(前立腺がん、膀胱がん、直腸がん)

    −3 放射線療法と勃起障害の関係(前立腺がん、膀胱がん、結腸がん)

    −4 化学療法(抗がん剤)と性欲、勃起の関係

    −5 ホルモン療法と性欲、勃起の関係

    −6 がん治療・手術によって射精が困難になる場合と、その対処法

    −7 【勃起回復法@】ED治療薬(バイアグラ、レビトラ、シアリス)の使用と効果

    −8 【勃起回復法A】陰圧式勃起補助具の紹介

    −9 【勃起回復法B】陰茎プロステーシスの紹介

    −10 がん治療後にオーガズムを回復させる方法

    −11 睾丸切除後のセックス

    −12 陰茎切除後のセックス

    −13 【勃起回復法C】ノンエレクト法の紹介

    −14 【勃起回復法D】骨盤底筋体操の紹介


 2−3 【女性編】「がん治療&手術によって起こる、女性の性的障害」一覧表

    −1 乳がんを克服して、もう一度セックスを楽しむには

    −2 性交痛(性交中の膣の痛み)に対処する方法

    −3 早発閉経に対処する方法

    −4 子宮全摘出術後のセックス

    −5 膀胱全摘出術後のセックス

    −6 腹会陰式直腸結腸切除術後のセックス

    −7 外陰切除術後のセックス

    −8 全骨盤内容摘出術後のセックス

    −9 骨盤領域への放射線治療中・治療後のセックス

    −10 化学療法(抗がん剤)がセックスに及ぼす影響と対処法

    −11 ホルモン療法とセックス

    −12 膣の再建がセックスに及ぼす影響と対処法

    −13 がん治療後にオーガズムを得る方法

    −14 膣ダイレーター(膣の拡張器具)の紹介

 2−4 がん患者のセックスにまつわる誤解と真実


第3章:専門家・参考文献の紹介


 3−1 「がん患者とセックス」に関する専門家リスト

 3−2 「がん患者とセックス」に関する参考文献リスト

 3−3 「がん患者とセックス」専門用語集



 本ガイドを閲覧・利用する際の注意点

●注1:本ガイドの著作権は、一般社団法人ホワイトハンズにあります。

 掲載内容の無断での二次使用・二次配布を禁じます。

 ⇒本ガイドを書籍化した、「臨床性護ガイドライン」の購入を希望される方はこちら


*本ケアガイドは、携帯からも閲覧可能です。⇒携帯版ページ


●注2:本ガイドは、がん患者に対する性機能ケアの理論と技法について、

 適切かつ信頼に足る情報を提供することを目的としておりますが、法律面や医療、教育技術面

 その他の分野に関する専門的アドバイスを与えることを保証するものでありません。


 医療や介護の実務面では、患者本人の状況によって指導・援助の方法が異なることが多いので、

 必要な場合は、医師等の専門家の指示を仰いでください。

 当法人は、本ガイドを利用して発生した、いかなる損失や事故等に対しても、責任を負いません。


●注3:本ガイドはリンクフリーです。ご自由にリンクして頂いて構いません。








 初めての方へ | お問い合わせ | 開発日誌ブログ | 携帯版ページ | サイトマップ

 Copyright 2012 (C) 一般社団法人ホワイトハンズ All right reserved.