ノンエーを使ってニキビ悪化?!考えられる原因と対策

ニキビは不規則にポツンとできる。

ノンエーを使ったらニキビ悪化した!という声が稀に聞かれますが、洗顔でニキビが悪化することはよくあります。ノンエーは無添加で優しい洗いあがりを重視した人気洗顔せっけんですが、どのような場合にニキビが悪化するのか原因や対策についてご紹介したいと思います。

ノンエーでニキビ悪化!考えられる原因について

ノンエーはニキビ予防のために開発された洗顔せっけんで、メディアや医療界でも注目を集めています。これでニキビ肌とはさよならできると安心して使い始めたのに、場合によってはニキビ肌が悪化するケースがあります。

考えられる理由はしっかり泡を立てずにノンエーを使っているため。ノンエーは独自の開発でカリ含有石鹸素地。通常の石鹸よりも4倍の弾力がありキメが細かく均一の泡立ちが魅力です。泡をたっぷり作ると毛穴の奥まで入り込みアクネ菌対策にもメリット。ニキビができやすい肌は皮脂が詰まりやすいので、皮膚表面の洗顔でなく毛穴の奥からアプローチしないといけません。

泡洗顔しないと摩擦が増えバリア機能がさらに低下する原因。またノンエーでニキビ悪化する理由としては、保湿ケアが十分でないこと。さらに睡眠自分が不足したり栄養バランスが悪いなど体の内側からも原因が考えられますよ。

ノンエーは継続使用して効果を判断しよう

ノンエーはニキビの治療薬ではありませんので使用後すぐにニキビ肌は改善されません。肌環境を整えニキビができにくい肌に変えるためには長期的な使用をオススメします。ノンエーに配合されている天然のうるおい成分は肌に栄養補給し水分をしっかりため込むように設計されていますので、できるだけ長く定期的に使用することで皮脂バランスが整いやすいうるおい肌へと改善されます

さらに内側からもニキビケアをしたい方にはNonA(ノンエー)サプリメント」を合わせお使いいただくこともメリットになりますよ。肌は栄養が不足すると皮脂バランスやターンオーバーが乱れやすくなります。スキンケアと内側からの栄養補給はニキビ肌を根本から建て直すためのよい方法です。

洗顔の負担はニキビ悪化する理由!

洗顔は摩擦が肌に負担を与える大きな理由です。とくに思春期ニキビはTゾーンをはじめ、皮脂分泌が多い部分はいつも肌がべたつきとても不快ですよね。洗顔はニキビ予防の第一歩で大切な意味がありますが、べたつきをとるためにゴシゴシ強く肌をこすることは逆効果です。

ニキビ肌はバリア機能が弱いサインでもあるため、刺激や負担をできるだけ抑えてお手入れすることが必要なのです。一般的なニキビ用せっけんは洗浄力がとても強く、大切な潤いになる皮脂まで取り除いてしまいます。そのため肌が乾燥するためもっと皮脂が分泌されて毛穴の詰まり原因になっていますよ。

ゴシゴシ摩擦するだけでなく洗顔料の刺激もニキビ悪化の要因です。香料や着色料など肌に負担をかける添加物は製造コストを抑えるために多く使用される傾向がありますが、石鹸の質から見直すことがニキビ肌の洗顔にも大切なポイントなのです。

まとめ

ノンエーでニキビ悪化するのは体調も関係しているかもしれませんね。男女ともにニキビ対策として人気があるノンエーは口コミでも高い評価をされています。ニキビは時間をかけて改善することが必要なので、ストレスなく続けられる洗顔はまず見直したいところになるでしょう。

\ ノンエーは医薬部外品 /

今すぐ詳細を見てみる

薬用ニキビ専用洗顔石鹸

 

コメントは受け付けていません。